SOMNOBRUX-GIRL

ブラキシズムとは、歯を食いしばったり、こすり合わせる動作を表現するために用いられる用語で、人は、睡眠中に習慣的に、また、不安やストレスのため日中に歯ぎしりをすることがあります。

歯ぎしりは、非常に一般的な問題で、未治療のまま放置されると、次のような多くの問題につながる可能性があります。

  • 歯の構造や表面のエナメル質の永久的な損傷
  • 顎関節痛として知られている顎の痛み
  • 頭痛
  • 歯の喪失
  • 歯肉退縮

 

 

 

特に寝ている間に歯ぎしりをしている場合、歯ぎしりをしているかどうか、分からないかもしれません。 しかし、以下のような症状を経験したことがあれば、歯ぎしりをしている可能性があります。

  • 一緒に寝ている人が起きるぐらい大きい歯ぎしりや歯のくいしばり
  • 歯の摩耗、平坦化、破折や欠けた歯
  •  歯のエナメル質が摩耗し、歯のより深層の露出
  • 歯の知覚過敏の増悪
  • 筋肉の緊張
  • 耳の痛み– 重度の顎の筋肉の収縮によるもの
  • 頭痛
  • 慢性の顔面痛

歯科医は、あなたのブラキシズムを診断し、適切な治療法を提供します。