口腔内装置はどう機能するのか

閉塞性睡眠時無呼吸症 (OSA) の治療において口腔内装置 (OA) は持続陽圧呼吸法 (CPAP)に次ぐ治療と位置付けられており、特に軽度から中等度のOSA患者の方の第一選択になることも多くなっております。口腔内装置は一般的には「マウスピース」とも呼ばれています。


睡眠中に筋弛緩がおこり、上気道の空気の通り道が狭くなり呼吸が止まったり止まりかけてしまう状況。
代表的な原因は:① 喉の内側に付いた脂肪(肥満等による) ②扁桃の肥大 ③日本人特有の顔の骨格。

口腔内にSomnoDentを装着し、下顎を前に出すことで、睡眠中の気道の閉塞を防止する治療方法。他の治療方法に比べて、心身への負担が少ないので、コンプライアンスが高いと言われている。

OSA患者の睡眠時の上気道を撮影したCT画像です。左の画像は、ソムノデントを装着していない症例、右がソムノデントを装着している症例です。上の画像で明らかなように、左の症例では、舌根部の沈下で上気道の閉鎖が起きていますが、右の症例ではソムノデントにより下顎が前方移動していることにより、舌根部も引き上げられ上気道が十分に確保されています。

ソムノデントは口腔内装置の世界標準です


上下顎分離型の下顎前方固定口腔内装置であるソムノデントは、患者個々の歯列に合わせてカスタムメイドされる装置で、上下歯列にフィットするプレート部分と、独自のウイング部分で構成されます。就寝中にソムノデントを装着することで、下顎を楽に前に出した状態が維持され、上気道の狭小化を抑制し安定させることができます。上顎装置の両側にタイトレーション用のスクリューが組み込まれており、専用のドライバーを使用することで下顎の位置を前後させることができ、違和感がなく下顎を最も前方へ突出させることができる位置で設定できます。