Living with obstructive sleep apnea

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、重篤で、生涯にわたる内科的疾患であり、米国では、1,800~3,000万人の18歳以上の成人が罹患しています。しかし、その約90%は、診断がなされていません。
OSAは、高血圧、糖尿病、心疾患、脳卒中また仕事中や運転中での事故と関連するとされています。

生活の質に大きな影響を及ぼす場合があり、一緒に寝る人や家族との関係、また、職場における人間関係において不要なストレスとなる可能性があります。

OSAの原因は?

寝ている間、、舌や喉をコントロールしている筋肉を含め、筋肉は弛緩します。喉の後ろにある軟組織が沈下すると、気道は狭小化し、狭窄します。

あなたやあなたの大切な人がOSAに罹患していたり、あるいは、いびき、昼間の過剰な眠気、睡眠中の呼吸停止や歯ぎしりなどの症状を示す場合、治療が必要です。

無呼吸リスク評価スクリーニング検査を受けることについて、担当の医師や歯科医にお訪ねください。もし、すでに睡眠時無呼吸と診断され、CPAPの装着に問題がある場合は、OA (医療用マウスピース、スプリント)を用いることも考慮してください。
良好な治療によって、OSA患者とその大切なベッドパートナーの静かな夜と快適ですっきりとした日中が実現可能です。

気道の状態